FC2ブログ

道草ジロー

今に不満でもがく、もがく!!1ミリでも前へ!!

画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像

 

なんでしょう。
ほぼ引きこもり生活が2週間たったわけですがそこまで気落ちしてません。

そりゃ時々はこの先いったいどうなっちまうんだと思い詰めたりもしますが、「長生きすることを仮定に将来プランを考える」という常識を無視してから楽になりました。

死は遅かれ早かれ来るもの

30歳になったら生きなくていいと思うことで無駄な不安が消えたからでしょうか。
こんな言い方をすると病んでると思われそうですが、なんというか死というのは遅かれ早かれ来るものなので、人生に満足できたらそれ以上は長生きする理由はなくてもいいと考えているわけです。

高校生くらいから死生観について考えてきて、当時は死に恐怖がありましたが、今はほぼありません。
夜中の小道で不審者がナイフ片手に襲ってきたら、迎え入れようと思うくらいには。

家族や彼女を悲しませたくないですが、俺は幸せでしたという本音を遺書につづっておけば、しばらくして死に納得してくれるんじゃないかと考えています。

今でこそもう肝は据わってはいるんですが、20代のメリットがまだあるので、死ぬことはそれ存分に発揮してからにしようと考えています。それともうちょっと彼女と生きたい気持ちが強いのもあります。


世にはびこるニートブログを目にして

あとこの2週間全く遊ぶ気になれないので、相変わらず本を読んだり、Webでいろんな人の生き方を見たり、バイトの求人探しをして1日1日を過ごしていました。

相変わらずこれからどうしていくのかの答えは出ません。今のところは就農することが有力になりそうです。自然が好きだし、肉体労働も好きだし、都会ほどストレスフルな人間関係はなさそう・・・な気がするので。

話は戻しますが、そうやっていろんな人のブログなんかを見ていて、ニートカテゴリーを今日は見ていました。なんとなく想像はしていましたが、書かれている内容が悲惨なものが多いですね・・・。

なんていうんでしょう。自分の悲惨さの公開祭りになってます。見るに堪えかねません。あそこまで能力がないことをアイデンティティとしてしまうと、可哀想ながらも助けたいという気持ちすら出てこないのが不思議です。


ボクは不満は言わない

10月に実験的に21日間不満を言わないという体験を行っていましたが、10月末についにクリアすることができました。それからは無下に人に文句言ったり、愚痴をこぼしたりは一切してません。言う手前に自動的にストッパーがかかる状態です。

文句言っても人は変わりませんし、怒っても人は収縮しますし、自分にとっても害になることを十分実感しました。デメリットしかないことをする価値はありません。

とはいってももちろん訓練して耐えたからこそできるようになったわけですが、ニートブログの皆さんも是非やってみてほしいなと思います。悲惨な状況を誰かに言うにしても、楽天的に明るく語る(ほとんどの人には難しいのかもしれませんが)人の方がお会いしたいなと思いますし、困っているのであれば手をさしのべたくなります。そして何より自分自身が救われます。

美論にも聞こえるとは思いますが、多くの人が共感する点だと思います。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

うらじろ

Author:うらじろ
あれやこれやと転々として現在アラサー、フリーランスよりの無職。自己肯定感を高めるために、毎日成長記録を残します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。